トップ > プロフィール

プロフィール

こんにちは。メンタルコーチの梅田智也です。
数あるサイトからこのページをみていただき、本当にありがとうございます!

これからは、「個の時代」と言われています。
このページでは、「今」に至るまでの自分史をお伝えしますので、目を通して頂けると幸いです。
ご感想などもいただければ、励みになります。


プロフィール

メンタルコーチ 梅田智也

梅田 智也(メンタルコーチ)

NTT西日本からメンタルコーチとして独立、5年で延べ1,000人以上のコーチングを実施。
名古屋、大阪、東京を中心に、経営者・起業家向けに「自然体で求める成果」を手に入れるためのメンタル作りをサポート。
法人役員。国立大学の外部講師。
趣味はウルトラマラソン、沖縄旅行


詳細プロフィール(自分史)

こちらでは、私の生い立ちからこれまでの話をしながら、
「なぜコーチングをするようになったのか?」「独立への経緯や困難」などを紹介します。

最後までお読みいただければ嬉しいです。


幼少時代「夢はサッカー選手」

雨の中でもサッカーをするぐらいサッカー大好き少年でした。負けず嫌いな性格全開で、いつも双子の弟と競っていました。笑

メンタルコーチ 梅田智也 イラスト

1986年双子の兄として生まれ、幼少自体は、とにかく好奇心旺盛で活発な子でした。

メンタルコーチ 梅田智也 幼少時代

小学生の時、地元の名古屋グランパスエイトの試合観戦に行き、魅了されたことをきっかけに、双子の弟と一緒にサッカーを始めました。
(弟はミッドフィルダー、僕はゴールキーパーでした。)

普段は喧嘩ばかりだった双子の弟とも(笑)、
サッカーのこととなると、毎日日が暮れるまで家の前で練習していました。

「負けず嫌い」な性格もあり、切磋琢磨しながらお互いに上達していき、地域では目立つ存在になり、小学校、中学校と、「選抜チーム(トレセン)」に呼んでもらえるようになりました。

当時の夢は「プロサッカー選手になること」

毎試合観戦に来て、応援してくれり、
好きなことをとことんやらせてくれて、惜しみなくサポートしてくれた父と母には心から感謝しています。


その後、中学ではクラブチームに入りましたが、
周囲からこんな声が聞こえてくるようになりました。

「梅田は、あと10cm身長が高ければな・・・」

トップチームでは、身長180cmぐらいのキーパーばかり。
僕の身長「169cm」というのは致命的でした。

それでも、180cmのキーパーに負けないよう努力や工夫はしましたが、
周囲からの評価の声が自分の耳に入れば入るほど、自信をなくしていきました。

「これ以上高いレベルでは、通用しないかもしれない・・・」
自然と自分自身の可能性を信じることができなくなっていきました。

そんな中、人生の分岐点となる出来事がありました。

メンタルコーチ 名古屋 梅田智也 サッカー 幼少時代


「諦めなかった弟」と「諦めた僕」

それまで、勉強もスポーツもそつなくこなせるタイプだったので、人生で初めての挫折経験であり、悔しい経験でした。

メンタルコーチ 梅田智也 イラスト

高校の進学先を決める際、
「どうせこの身長では、名門校に行ってもレギュラーすらとれない」と思い込んでおり、文武両道の高校へ進学しました。

ところが、僕と同じ体格の双子の弟は、諦めることなくサッカー名門校へ進学。

平凡な高校生活を送る僕とは対象的に、
弟は、朝早くから夜遅くまで、暑い夏から寒い冬まで、毎日毎日練習やトレーニングに励み、本当に努力を重ねていました。

結果的に、全国大会への出場は、あと一歩のところで逃すも、
全国を決める試合の接戦の中でゴールを決め、観客を沸かせる活躍をしました。

受験生だった僕は、この試合をスタジアムから観戦し、
「なぜ自分は諦めてしまったのか?」「なぜ自分はチャレンジしなかったのか?」
と悔しい気持ちと後悔の気持ちでいっぱいでした。


(その後、弟は、サッカーからフットサルに転身し、オーストラリアで「日本人初の豪州Fリーガー」として所属チームを優勝に導く活躍しました。)

メンタルコーチ 名古屋 梅田智也 高校時代 挫折経験


人生最大の悲劇 大切な人の他界

本当に辛い経験でした。思い返すと今でも涙が出てくる経験です。。。

メンタルコーチ 梅田智也 イラスト

ここでは、20代前半に起こった私の家族の話をします。

高校を卒業し、サッカーを引退した後、
大学進学するも完全に目的・目標を見失い、アルバイトに明け暮れる毎日でした。

そんな中、
私が20歳頃、父親が病気で、急に仕事を休むようになりました。

それ以来、自宅で目にする父の姿は、覇気のない背中ばかり。

父親に対して、
「今まで厳しく、強く、温かかったお父さんだったのに、こんな姿見たくない・・・」

と思い、悲しみや怒りに似た感情が交錯し、
この感情をどのように処理すればいいのかわからない状態が続きました。

そんな状態が3年続いたある日、突然母が他界しました。交通事故でした。

「子ども達の生活水準を下げたくない」と、
パートを掛け持ちし、父の看病もし、自ら進んで苦労を買うような人だったのに、
何一つ親孝行してあげることができなかった自分に後悔ばかり。

ショックは大きく、
その後は、バイトをしてても、大学の研究をしてても、抜け殻状態、
何に対してもやる気がでない時期が1年以上続きました。

同時にこの頃より「自分は何がしたいのか?」と自分の人生の目的ややりたいことを考えるようになりました。

(こうした経験が、後にメンタルや心について学びだすきっかけとなっています)

メンタルコーチ 名古屋 梅田智也 挫折


サラリーマン時代「夢の種を発見する」

この経験がなかったら、今メンタルコーチの仕事はしてなかったでしょう。

メンタルコーチ 梅田智也 イラスト

社会人となり、2年目に、
朝活を主催するようになりました。

一番の目的は、「もっと自分に自信をつけたかったから」でした。

数年前より学びに対して積極的だった私は、
セミナーや交流会に参加することはありましたが、
主催することに対しては「怖さや抵抗感」があり、踏み出すことはできませんでした。

そんな中、ある経営者の方から
『主催者と参加者では、サッカーの選手と観客ぐらい違いがあるよ。主催をしないと学びや成長はないよ』
とはっきり言われ、勇気を振り絞り、開催しました。

コンセプトを考え、コンテンツを決め、いざ開催しましたが、
初めは、うまくいかないことばかり。

当時、関西生活2年目で、人脈も皆無だったこともあり、
参加者を集めることができませんでした。

それでも、
出会った方1人1人に紹介したり、
人が集まる場で紹介させてもらったりと、行動を重ね、

開催数10回目を超えたあたりから、
「おもしろい」「楽しい」「すごくためになる」といってくれる方が増えていき、
軌道に乗りだしました。

次第に応援されるようになり、友人が友人を呼び、経営者がスタッフを呼び、サークルリーダーがサークルメンバーを呼び、そこからは本当にワクワクする朝活会を作っていく事ができました。

1年数ヶ月で京都、大阪、神戸へと活動エリアを広げる事ができ、計40回の開催と延べ500人の方に参加いただく朝活会にすることができ、その会を主催者としてマネージメントすることができました。

メンタルコーチ 名古屋 梅田智也 夢・目標をシェアする朝活

この朝活会のコンセプトは「夢・目標をシェアし、応援し合う」というものだったこともあり、

参加者の中には、

  • 民間パイロットになり、自在に空を飛び回る。
  • 府議会議員に当選し、地域を元気にする。
  • 作家になり、本を出版する。
  • 歌手にたくさんの人の前で歌い、感動を届ける。

など、実際に宣言した夢や目標を叶えていく人が出て来ました。

こうった形で喜んでもらえることがとても嬉しく、
次第にこれを仕事にしたい、と思うようになり、コーチングを学び、プロコーチとして独立することを目標にして、動き出しました。


走り回った独立準備。会社員とプロコーチのパラレルキャリア生活をスタート。

この時がむしゃらに頑張った経験が、今の自分を作っているといっても過言ではないです。

メンタルコーチ 梅田智也 イラスト

会社員をしながら、コーチとしての活動もスタートさせ、パラレルキャリア生活が始まりました。

この頃は、
まずは【自分自身の可能性を切り開きたい一心】で、とにかく動きました。

「手を抜ける性格ではなかった」ので、会社員としては真剣に働きながら、

  • 見よう見まねでブログやメルマガを開設、学んだことを毎日朝発信し、
  • ノー残業デイの日は、本業後、無料でコーチングを提供し、トレーニングを積み、
  • 週末は、コーチング講座を主催、年間30回講座を主催し、

文字通り、人の2倍働いていたように思います。

『会社員とコーチ業という二足のワラジ』は、
思った以上にうまくいかないことばかりで、不安や迷い、葛藤も多かったです。

「実現したいこと」に対して、本気で動いているにも関わらず、社内で噂されることや後ろ指さされることもありました。
(大企業であったので、仕方のないことかもしれません)

ですが、逆に、興味を持ってくれる人や、応援してくれる先輩もいました。
そういった方々とは、今でも繋がっており、よくしてもらっています。ありがとうございます。

そんなパラレルキャリア生活を積み重ね、少しずつ力がついていったのでしょうか!?

ご紹介やメディア経由で、講座参加者やコーチングへの希望者は順調に増えていったり、
自治体や企業から、研修の依頼が来るようになってきました。

丸2年以上、独立に向けての準備を進め、
20名以上のパーソナルコーチングのクライアントさんがいる状態ができ、
「これでいける!」と思い、
2017年7月、31歳になる年で、独立しました。

メンタルコーチ 名古屋 梅田智也 独立準備


独立はそんなに甘くない。厳しい現状に直面。

「事業は、継続が一番大切」と教えてもらったことがありますが、その難しさを痛感した出来事でした。

メンタルコーチ 梅田智也 イラスト

独立後、当初は事業を順調に伸ばしていくことができました。

ですがある時期より、みるみるお客様の数は減っていき、収益は半減どころか、1/3まで減ってしまいました。

焦る気持ちが空回りし、手を打てど手を打てど、空振りの連続。

頭では「次の一手を打たねば・・・」と考えていても、心がついていかない。本当に情けなく、辛い時期でした。

(今振り返ると、事業経営をしていると、良い時期もあればそうでない時期も必ずあります。どのような外的状況でも、地に足をつけ、よい心の状態で、1つ1つ最善を尽くすことが何より重要だということに気づきました!)

メンタルコーチ 名古屋 梅田智也 挫折

解決策はやっぱり「メンタル」だった。不安を受け入れ、今に集中する。

やっぱり一番大事だったのは、「結局自分がどうしたいか?」と「諦めない気持ち」でした。

メンタルコーチ 梅田智也 イラスト

自身のコーチや先輩経営者に相談しながら、
自身の立て直しをはかりました。

  • 10年後、5年後、1年後など、改めて求めるゴールをありありと描き、
  • 大切にしているものに向き合い、大切にしているもの以外を断捨離し、選択と集中し、
  • 不安を受け入れ、その上で、結果を恐れず、今を楽しみ、
  • 相手のために、周りのために全力を尽くす

そんなメンタル状態ができた時、
「目の前のクライアントの悩みや求めるもの」に集中できるようになり、
自然と結果も出るようになってきました。

結局一番大切なことは、
「自分がどうしたいか?」とそれに向けて「諦めない気持ち」で取り組むこと。

メンタルの重要性を改めて感じた時期でした。

同時に、
経営者として、事業を継続することの難しさ、大変さを学んだ期間でしたし、
己を磨き続けることの大切さを深く理解した時期でもありました。

メンタルコーチ 名古屋 梅田智也 挫折


現在

お陰様で「今」があります。当たり前に感謝し、これからも、「理念」や「想い」を大切に、精進していきます。

メンタルコーチ 梅田智也 イラスト

コーチとしては、
B to Cのパーソナルコーチングをメインに、
B to Bのメンタル、コーチング関係の企業研修を行なっています。

法人を設立し、法人役員をしながら、
夢であった、大学講師の話もいただき、国立大学で、外部講師もしています。

メンタルコーチ 名古屋 梅田智也 講座 研修

これまで5年間で述べ1,000人程度のコーチングをさせていただいておりますが、
関われば関わるほど、人や人の心を扱う難しさいや面白さを感じています。

コーチを始めた時、
「まず10年は続け、技術を磨きをかけ、一流になる」と決めてこの世界に入りました。

これからも、

  • 描いた目標に対して、力むことなく自然体で挑戦できる人。
  • 結果を恐れず、今に集中し、今を楽しむ人。
  • 不安を受け入れ、不安すら力に変えて、進んでいける人。

そういった経営者、起業家、ビジネスマンを増やしていきたいと思っています。

そして、ご縁があり関わることができた人やチーム、組織の「幸せ」「豊かさ」「喜び」「感動」に貢献したいと思っています。

メンタルコーチ 名古屋 梅田智也 講座 研修

メンタルコーチ 名古屋 梅田智也 コーチング 名古屋 大阪 受ける

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こんな私ですが、引き続き、よろしくお願いします。
ご感想やコメントなどありましたら、お気軽にいただければ嬉しいです。とても励みになります。
(ご感想は、必ず返信させて頂きます。)


> こちらから感想を送る。




現在、期間限定特典付きで、
【完全無料オンライン講座】『高いモチベーションでパワフルに求める成果を手に入れる5つのステップ』
を特別にお届けしていますので、こちらもご覧ください。

> 無料特典プレゼント付きのオンライン講座をみてみる。




その他の紹介

SNS

各種SNSでも発信をしております。

特に、インスタグラム、Twitterでは、メンタル、コーチング関連の知識や有益な情報を発信しております。
是非ご覧ください。フォローや友達申請も大歓迎です。


略歴

  • 一宮西高等学校 卒業
  • 名古屋工業大学 大学院 修了
    (在学中、英Imperial Collage Londonへの研究留学ははじめ、10ヶ国への留学、インターンシップ、国際ボランティアを経験)
  • 2012年 NTT西日本へ入社
    (SE、営業を経験)
  • 2017年 NTT西日本を退職、メンタルコーチとして独立
  • 2017年 一般社団法人ライフストーリー総合研究所 設立 & 理事就任
  • 2018年 一般社団法人成れる会 代表理事就任(任期2年)
  • 2019年 一般社団法人成れる会 代表理事退任


これまでに住んだことがある場所

  • 愛知県愛西市
  • オーストラリア シドニー(2007年)
  • オーストラリア ゴールドコースト(2007年~2008年)
  • イギリス ロンドン(2011年~2012年)
  • 京都府宇治市(2012年~2014年)
  • 大阪府高槻市(2014年~2016年)
  • 愛知県名古屋市(2016年~2018年)
  • 愛知県東海市(2018年~2019年)
  • 愛知県名古屋市(2019年~)


得意

  • WebツールやITツールの活用すること
  • 動画デザイン


趣味

  • マラソン(フルマラソン、ウルトラマラソン、トレイルラン)
  • 読書
  • 旅行(特に沖縄好きで、毎年1回以上行っています)


習慣

  • 早寝早起き
  • メルマガ執筆
  • 5年日記を毎日書く事
  • 30分以上の隙間時間はカフェにいくこと
  • 筋トレ
  • ストレッチ
  • エレベータ・エスカレータを使わず階段を使う事


信条・座右の名

  • すべての生き物は逆境の時成長し、順境の時衰退する


マラソン実績

  • 2007年9月:Sydney City Marathon(Syndey, Australia) フルマラソン 3時間52分にて完走
  • 2011年11月:Portsmouth 10km RUN (Portsmouth, UK) 完走

  • 2014年10月:京都鴨川マラソン 10km 完走
  • 2015年2月:京都木津川マラソン フルマラソン 3時間47分にて完走

  • 2015年3月:淀川ウルトラマラソン 100km 73kmにてリタイア

  • 2015年9月:丹後ウルトラマラソン 100km 13時間50分にて完走
  • 2015年12月:奈良マラソン フルマラソン 4時間30分にて完走
  • 2016年3月:大阪42.195kmフルマラソン 4時間02分にて完走
  • 2016年5月:星の郷 八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 13時間42分にて完走
  • 2017年5月:星の郷 八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 76kmにてリタイア
  • 2018年12月:東海市シティーマラソン 10km 52分にて完走
  • 2018年12月:トヨタの森トレイルラン 21km 3時間1分にて完走
  • 2019年2月:モリコロパーク フルマラソン 4時間30分にて完走

メンタルコーチ 梅田智也 マラソン



無料オンライン講座もご覧ください。

私(梅田)が特別にお伝えする
【完全無料オンライン講座】『高いモチベーションでパワフルに求める成果を手に入れる5つのステップ』があります。

  • もっとモチベーション高く、パワフルになりたい!
  • 大きな目標にもワクワク取り組んでいける人になりたい!
  • 書いたこと、宣言したことを達成できる人になりたい!
  • 目標達成体質を作っていきたい!
  • 心(メンタル)や脳の仕組みを理解し、自信を高め、ハイパフォーマンスを実現したい!

このように思われませんか?

そんな方に、オススメですので、こちらより無料オンライン講座を手に入れてみてください。

【オンライン講座】高いモチベーションでパワフルに求める成果を手に入れる5つのステップ