【「わかっているケドやっていない」が真の問題】#154

今日は、
「今抱えている問題・課題」の解決に対して、
どう対応していくべきか?何をすればいいか?について書きたいと思います。
(抽象的な内容となりますが、ご自身の状況にあてはめて考えて頂ければ幸いです。)

まず、僕には、たくさんの問題、課題、悩みがあります。
毎日、新しい問題、課題にぶつかります。
(問題、課題、悩みがあるってことは、前進している証拠だと言い聞かせ、なんちゃってプラス思考でいます。)

以前ある時、それらの問題について、ある方(Hさん)に相談したことがあります。

僕:「今、〇〇という問題があるのですが、どうすればいいと思いますか?」
Hさん:「ご自身は、どうしたらいいと思っていますか?」
僕:「・・・今できることは、これこれとあれあれができると思います。」

その時に大きな気づきがありました。

僕自身、どうすればいいかを知っていたのです。
ただ、知っているのに、実際に行動に移していなかっただけです。

・・・・・

だからその後、
Hさん:「まずは自分でやってみて、それから相談にきてください」と言われました。

・・・・・

こんな事って、日常でたくさんあるのではないでしょうか?

それからというもの、

自身がなんとなくこれは問題かも?
これは課題かも?
と思っていることがある場合、

①その問題、課題を明確にする。
②その後その解決策は何かを考えてみる。
 すると、意外に解決策ってたくさん出てきます。
③実際にやってみる。
④それでもうまくいかない場合は、人に聞く。

(※もちろん、②で解決策がわからない場合は、人に聞いています。)

そう考えると、実は真の問題は、
▼何をやればいいか知っているけどやっていない事がたくさんある事

それこそが問題だということです。

禅問答の考え方にもあるよう、
何を相談してすぐ答えが教えてもらえるようだと、
同じ問題、課題にぶち当たった時、同じように人に聞き、いつまでたっても解決できません。

自らが自らの力で問題解決できる人間になるために、まずやるべき事は、
「自分が何をやればいいかわかっているけど、やっていない事」です。

だからこそ、
問題、課題、悩みにぶつかった時、
「今その問題を解決するために、僕自身ができる事はなんだろう」と問いを立てて、
行動に移していこうと思います。



【このブログの著者】

梅田智也(メンタルコーチ)
経営者、ビジネスマン向けに、着実に成果を生み出すためのメンタル面でのサポートを全国で提供中。
会社員時代に始めた朝活では、関西で500名以上の方が参加する会をマネージメント。その後、メンタルコーチとしての活動を関西でスタート。口コミで東海、関東へと広がり、2017年にメンタルコーチとして独立。
>>詳細プロフィール 続きはこちら

メンタルコーチ 梅田智也


【これまでの実績(2019年1月)】

コーチングをさせて頂いた方:述べ800人以上

◆経営者・個人事業主
英会話教室 経営者 / 塾 経営者 / 運送会社 経営者 / 治療院 経営者 / 出版社 経営者 / 保険代理店 経営者 / 介護施設 経営者 / 飲食店 経営者 / メガネ販売店 経営者 / 農場経営者 / 人材派遣 経営者 / 弁護士 / 公認会計士 / 税理士 / 司法書士 / 医者 / ライフプランナー / フリーフォトグラファー / ブランドデザイナー / バイヤー / フラワーデザイナー / イベントプロデューサー / 経営コンサルタント / ネットワークビジネス / パーソナルトレーナー / 心理カウンセラー / プロコーチ

◆ビジネスマン
生命保険会社勤務 / 損害保険会社勤務 / 自動車メーカー勤務 / 自動車部品メーカー勤務 / 製薬会社勤務 / 化粧品会社勤務 / 人材派遣会社勤務 / ビルメンテナンス会社勤務 / 不動産会社勤務 / Webシステム構築会社勤務 / 通信企業勤務 / IT企業勤務 / 化学メーカー勤務 / 飲食店勤務 / 塾講師 / 看護師 / 大学講師

◆アスリート
フットサル / サッカー / ソーシャルフットボール / テニス / 陸上長距離

>>お客様の声はこちら



【ブログのご感想などありましたら、お気軽にいただければ嬉しいです】

こちらの「メンタルコーチブログ」で感じた事、気づいた事、印象に残った事などありましたら、是非コメントいただければ嬉しいです。必ず返信させて頂きます。

>> ご感想はこちらからお願いします


【最新記事はこちら】


コメント


認証コード9580

コメントは管理者の承認後に表示されます。