思い込みのパワー #282

画像の説明

こんな言葉を聞いた事はありますでしょうか?

『あなたの思い込みが世界を作っているといっても過言ではない。』


他にも有名な言葉として、

ヘンリーフォード氏の、

『あなたが「できる」と思うと「できない」と思おうとどちらも正しい』

があります。


これらの言葉は、

あなたの持っている
「思い込み」や
「信念」がいかに人生に影響を及ぼすかを示しています。


こんな話があります。


世界を争うトップアスリートの陸上競技で、

かつて、
『人間が100mを10秒以内で、走る事はムリ』と言われてきました。
(骨や筋肉の構造上、科学的にムリと言われていました。)

1980年代、カールルイスが、
その10秒の壁を突破するや否や、

何人もの選手が、10秒の壁を突破し、世界新記録が何度も塗り替えられました。


カールルイスの姿を見て、
『あいつが突破できたなら、自分もできるかもしれない!』

と、各選手が思い、彼らの思い込みや前提条件が変わった瞬間です


そして結果的に、何人もの選手が10秒の壁を突破するという結果でした!


この出来事より
『思い込み』や『信念』に、
いかに大きなパワーがあるか、わかるでしょう!


あなたがもし、
「あの人がやっているなら、自分にもできる」
「自分だったらなんとかなりそうだ」

といった生産的な「思い込み」をもっていれば良いのですが、

「あの人ができるのは、元々才能があるから。自分には多分ムリだろう」

といったような非生産的な「思い込み」をもっているのであるならば、


それは、
その『思い込み』に気づき、変えていく必要があるでしょうか!!!


つまり、
冒頭に紹介したヘンリーフォードの言葉の

・あなたが「できる」と思うとできるし、

・あなたが「できない」と思うとできない、

その言葉のままなのでしょう!


まずは、
自分自身が持っている

『思い込み』や

『信念』が

どんなものか、認識する事がとても重要です。


そして、それをどのように変えていくか?
そこについては、また次回ブログで紹介させて頂きます。

私自身も、
自分の持っている「思い込み」を
常に疑うようにしていますし、

コーチングのクライアントさんに対しては、
「思い込み」を持っているという事に、
気付いて頂くアプローチをしますし、

その「思い込み」を
生産的なものに変えていくアプローチをしたりしています。


この「思い込み」をひっくり反すだけで、
大きなパラダイムシフトとなり、

成果に直結する事は少なくないかと思っています。

本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。



【このブログの著者】

梅田智也(メンタルコーチ)
経営者、ビジネスマン、アスリート向けに、着実に成果を生み出すためのメンタル面でのサポートを全国で提供中。
会社員時代に始めた朝活では、関西で500名以上の方が参加する会をマネージメント。その後、メンタルコーチとしての活動を関西でスタート。口コミで東海、関東へと広がり、2017年にメンタルコーチとして独立。
>>詳細プロフィール 続きはこちら

メンタルコーチ 梅田智也


【これまでの実績(2017年10月)】

コーチングをさせて頂いた方:述べ400人以上

◆経営者・個人事業主
英会話教室 経営者 / 塾 経営者 / 運送会社 経営者 / 治療院 経営者 / 出版社 経営者 / 保険代理店 / 介護施設 経営者 / 飲食店 経営者 / 公認会計士 / ライフプランナー / フリーフォトグラファー / デザイナー / バイヤー / フラワーデザイナー / 経営コンサルタント / 心理カウンセラー / プロコーチ

◆ビジネスマン
自動車メーカー勤務 / 金融企業勤務 / 化粧品会社勤務 / 人材派遣会社勤務 / ビルメンテナンス会社勤務 / 不動産会社勤務 / IT企業勤務 / 化学メーカー勤務 / 飲食店勤務 / 塾講師

◆アスリート
フットサル / サッカー / ソーシャルフットボール / 陸上長距離

>>お客様の声はこちら



【ブログのご感想などありましたら、お気軽にいただければ嬉しいです】

こちらの「メンタルコーチブログ」で感じた事、気づいた事、印象に残った事などありましたら、是非コメントいただければ嬉しいです。必ず返信させて頂きます。

>> ご感想はこちらからお願いします


【最新記事はこちら】


コメント


認証コード7144

コメントは管理者の承認後に表示されます。