為末大さんストーリーからわかる「諦めていいもの」と「諦めてはいけないもの」

「諦める」という言葉は、
マイナスでネガティブな言葉のように聞こえ、
なにか、「負け」のように聞こえてしまいます。


ですが、
世の中には、
諦めていいことと、
諦めてはいけないことがあるなぁ、と感じています。


これは、
尊敬するアスリートの為末大さんのストーリーを聞いた時に、感じたことです。


為末さんは、
高校まで、陸上では一番の花形種目である100mで活躍していましたが、
成長の鈍化を感じ、
18歳の時、マイナー種目である400mハードルに競技を変更しました。

(ちなみに中学生の時は、桐生選手の中学時代より速かったようです。)


その時は、

「この選択は、逃げではないか?」

と自分自身への葛藤も多かったようです。


ですが、
最終的には、
もっと大きなゴールである
・「世界で勝つこと」
・「オリンピックのメダリストになること」を諦めたくないという気持ちから、

400mハードルへの種目変更は、
「逃げ」ではなく「勝つための戦略」と自分自身を納得させたようです。


結果的には、
オリンピックのメダリストにはなれなかったものの、
世界大会でメダルを獲得したり、
日本記録保持者でもあります。


この話より、

「あぁ、
目的さえ諦めなければ、
手段は変えてもいいんだ」

と思いました。


これがタイトルでもある、
「諦めていいもの」と「諦めてはいけないもの」です。

つまり、

『手段は諦めてもいいが、目的は諦めてはいけない』


以前、
メンターである広岡勝時さんから、
「頭の中から『諦める』という言葉をなくすといいよ」

と教えてもらったことがありますが、


『目的さえ諦めなければ、そこへ行くための手段はいくらでもある』と言う意味で、

為末さんの話と全く一緒の話であり、
今も大切な言葉として、胸の中に残っている言葉です。


こういった言葉を1つ持っていることで、

  • 諦めそうになった時、
  • 大変になった時、
  • 苦しくなった時、
  • ギリギリの状況になった時に、

自分を奮い立たせてくれるものです。


為末大さんの

『手段は諦めてもいいが、目的は諦めてはいけない』

という考え方、

是非、頭の片隅に入れてみてがいかがでしょうか?




【このブログの著者】

梅田智也(メンタルコーチ)
経営者、ビジネスマン向けに、着実に成果を生み出すためのメンタル面でのサポートを全国で提供中。
会社員時代に始めた朝活では、関西で500名以上の方が参加する会をマネージメント。その後、メンタルコーチとしての活動を関西でスタート。口コミで東海、関東へと広がり、2017年にメンタルコーチとして独立。
>>詳細プロフィール 続きはこちら

メンタルコーチ 梅田智也


【これまでの実績(2019年1月)】

コーチングをさせて頂いた方:述べ800人以上

◆経営者・個人事業主
英会話教室 経営者 / 塾 経営者 / 運送会社 経営者 / 治療院 経営者 / 出版社 経営者 / 保険代理店 / 介護施設 経営者 / 飲食店 経営者 / メガネ販売店 経営者 / 公認会計士 / 農場経営者 / 医者 / ライフプランナー / フリーフォトグラファー / デザイナー / バイヤー / フラワーデザイナー / 経営コンサルタント / ネットワークビジネス / 心理カウンセラー / プロコーチ

◆ビジネスマン
生命保険会社勤務 / 損害保険会社勤務 / 自動車メーカー勤務 / 自動車部品メーカー勤務 / 化粧品会社勤務 / 人材派遣会社勤務 / ビルメンテナンス会社勤務 / 不動産会社勤務 / Webシステム構築会社勤務 / IT企業勤務 / 化学メーカー勤務 / 飲食店勤務 / 塾講師

◆アスリート
フットサル / サッカー / ソーシャルフットボール / 陸上長距離

>>お客様の声はこちら



【ブログのご感想などありましたら、お気軽にいただければ嬉しいです】

こちらの「メンタルコーチブログ」で感じた事、気づいた事、印象に残った事などありましたら、是非コメントいただければ嬉しいです。必ず返信させて頂きます。

>> ご感想はこちらからお願いします


【最新記事はこちら】


コメント


認証コード1625

コメントは管理者の承認後に表示されます。