口が裂けても、言ってはいけない言葉 #264

口が裂けても、言ってはいけない言葉 #264

私(梅田)が、
口が裂けても言わないと決めている言葉があります!


▼『忙しい』



という言葉です。



▼日常的に、
無意識無自覚に発する言葉が「人生を作る!」と
言われている中で、

周りを見渡すと、

「忙しい、忙しい、忙しい」


何かが取り付いたかの如く
発している人は少なくありません。



私も昔はそうでした・・・



▼たいして何もやっていないのに、

「自分基準」で、忙しいと

発するような、そんな男でした。



そんな私(梅田)のパラダイムを大きく変えた出来事があります。



それが、
私が成果を出すために
ベースとなる考え方(マインドセット)を学んでいる
成れる会 大阪 マーケティング塾の講義で話です。

この「忙しい」という言葉については、
下記のような位置付けをしています。


====ここから====

そもそも
「忙しい、忙しい」という人は、
「自分には能力がない」と声を大にして言っているようなものなので、

その言葉を発した時点で、
「この人とは一緒に仕事をしないほうがよい」という対象にみられてしまうだけである。

====ここまで====


こんな解釈です。


▼「確かに!!!」
と感じたと同時に、



当時、
「忙しい」と連呼していた自分が恥ずかしくなり、

この時を境に、
「忙しい」という言葉は、
自分の辞書の中から抹消し、

▼『口が裂けても言わない言葉』として決めました。


私の周りには、
どれだけ膨大なタスクを持っていても、
無駄事一つ言わず、こなしていく人がいます。


例えば、
僕が尊敬し、信頼し、目標としており、
一緒に仕事もさせて頂いている「種村さん」は、

成れる会 大阪 マーケティング塾 代表
京都大学大学院博士課程での研究
会社経営
30人のコンサルクライアントさんのフォロー
それ以外にも私が見えていないだけで多数の役割をこなされている方です。

ですが、彼の口から
「忙しい」という言葉を聞いた事は一切なく、

むしろ
連絡や報告、
私からの相談に対するレスポンスは、めちゃくちゃ速いです。

その「基準」を見ているので、

ちょっとやそっとで、

『忙しい』など、言っている暇などないのです。



▼「忙しい」という言葉が頭によぎったら、

その言葉を、グイッと飲み込み、

逆に、

・どうしたら、「時間」を稼ぐ事ができるだろうか?
・今やっている事はほんとうに必要な事か?

など、

▼どうしたら、時間を作る事ができるだろうか?

と考えてみる事がよいでしょう!!



▼常時考えている事、
口に出している言葉が人生を作っていきます!!


「忙しい、忙しい、忙しい」

と言い続けている人は、

どんどん忙しくなりますし、


逆に、
「この時間をどう使おうか?」
「まだまだ出来るぞ~!」
「どこで時間を稼ごうか?」

と考え、工夫し、カイゼンされる方は、

▼時間という最も貴重な資源をコントロールできるようになっていくのでしょう!



本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。




メルマガ登録フォーム

梅田智也のメールマガジン「生産性を倍増するために・・・」の登録フォームです。

※登録されると1通目に仮登録メールを送信します。
その中のURLをクリックすると、本登録になります。
仮登録メールが届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認ください。

姓 * 名 *  
メールアドレス *

*は必須入力です



コメント


認証コード0389

コメントは管理者の承認後に表示されます。